« バターソースのニョッキ | トップページ | ステックアッシュ・サンドイッチ »

杏仁豆腐

Photo_79

寒天ではなくゼラチンを使うので、正確にはゼリーですw

昔、某しゃぶしゃぶ店のメニューを再現したくて作ったもの。

ゼラチンがギリギリで固まる量で作るので、食感は豆乳花のようです。

冷たくて、ふるふるっとした極限のやわらかさを是非お試しください♪

指定以外のゼラチンを使うと固まらない場合があるのでご注意を。

【小さなグラス12個分】

  • ゼラチンパウダー(マルハニチロのゼライス) 10g
  • 水 400cc
  • 上白糖 100g
  • 牛乳 550cc
  • 純正(動物性)生クリーム 100cc
  • 上白糖 10g
  • アマレット 大さじ2
  • シロップ (水、グラニュー糖 各1カップ、アマレット 大さじ2)
  • 氷 たくさん

Image417 【アマレット】

写真はイタリアのアマレット・ディサローノ。アンズの種の核を原料としたリキュールです。杏仁豆腐には本来『杏仁霜(あんにんそう/きょうにんそう)』というアンズの種の核を煮出して香りをつけますが、以前はアーモンドエッセンスで香りをつけるのが主流でした。ただし最近のものは香りが変わってしまったので杏仁豆腐には向かないと思います。手に入りやすいアマレットでを利用するのが一番便利ではないでしょうか。ソーダやジンジャーエール、ミルク、それにウーロン茶などで割って、カクテルとしても手軽においしくいただけます。ミルク割り以外はレモンを入れるのがお勧め^^

【作り方】

  1. ゼライスパウダーは分量の水から大さじ3ほどをとってよく混ぜふやかす。
    固まったら湯せんにかけて、半透明の液体になるまで混ぜながら溶かす。
  2. 残りの水と上白糖100gを火にかけ、砂糖が溶けたらすぐに火を止めて1を混ぜる。
  3. ステンレスのボールに冷たい牛乳を用意し、2を加えてからアマレットも混ぜ、
    たっぷりの氷を入れた水に底をつけて冷やし、時々ゴムべラなどで混ぜる。
  4. ある程度固まるまで、2回ぐらい氷を足しながら冷やし続ける。
  5. 生クリームに上白糖10gを加えて5~6分(4と同じくらいのかたさ)に泡立てる。
  6. 4と5をあわせ、泡が立たないよう、静かに混ぜたらグラスに均等に注ぎ分け、
    冷蔵庫で5~6時間以上冷やし固める。
  7. 水1カップとグラニュー糖1カップを火にかけて溶けたらすぐに火を止め、
    冷めたらアマレットを加えて冷蔵庫で冷やす。
  8. 食べるときにシロップをかける。

|

« バターソースのニョッキ | トップページ | ステックアッシュ・サンドイッチ »

コメント

これ美味かった~(*´∇`*)

投稿: ゆりひめ | 2007年8月10日 (金) 14時41分

作ったの?あたしが作ったやつ?

投稿: ABBY | 2007年8月12日 (日) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30452/15760280

この記事へのトラックバック一覧です: 杏仁豆腐:

« バターソースのニョッキ | トップページ | ステックアッシュ・サンドイッチ »