« トスカーナ風パンのサラダ | トップページ | 鶏モモ肉のソテーバジルソース »

プッタネスカ

Photo_75

名前は「娼婦のパスタ」という意味で、意外にあとを引くおいしさです。

余ってしまいがちなオリーブやケイパーを消費するのに良いメニューですが、

オリーブは酢の入っていない塩水漬けのものを使ってください。

だしが出るのでコクがあり、苦手な人でもこれなら食べられるはず。

いろいろなレシピがありますが、卵黄を使ってカルボナーラ風に。

卵は黄身の小さいものなら、4つ分使ってもいいと思います。

【2人分】

  • オリーブ(塩水漬け) 120g
  • ケイパー(酢漬け) 大さじ3
  • にんにく 2片
  • アンチョビ・フィレ 1缶
  • エクストラ・バージン・オリーブオイル 大さじ4
  • 卵黄 3個
  • イタリアンパセリ 1/2パック
  • 1.6ミリの麺 200g

【作り方】

  1. オリーブ、にんにくはみじん切り。麺をゆで始める。
    アンチョビは軽くほぐし、イタリアンパセリは洗ってよく拭き、みじんに。
  2. オリーブオイルとニンニクを中火にかけ、香りが立って色づき始めたら
    アンチョビ、オリーブを加えて混ぜる。続いてケイパーも加えてさっと混ぜる。
  3. パスタをゆでている湯を1~1と1/2カップほど2に加えてなじませる。
  4. ゆで上がった麺の水気をよく切り、3の火を止めて加え、手早く混ぜる。
  5. 卵黄とイタリアンパセリを加えたら、すぐに勢いよくかき混ぜ、半熟状にする。

|

« トスカーナ風パンのサラダ | トップページ | 鶏モモ肉のソテーバジルソース »

コメント

おはよう!
なんだかとても楽しそうに生活してるんだね。
夫婦そろってパスタ好きってのは似てるよ。
私たちも大好き。
でもパスタは担当がダーリンです。
釣りを始めてからは、アンチョビも自家製です。
実家で暮らすようになってからはパスタは滅多に食べなくなったよ。
パスタと言えば柔らかい麺で、ナポリタンが好きな義父。
それ以外は出してもちょっと口を付けて、「う~重いな」ってご馳走様だよ。
仕事辞めてから早3週間。
結構まじめにご飯支度してるよ。
私は作るの本当は好きじゃないんだよね。
食べるほうがいいな~って・・・
私の天麩羅は評判がよろしいです。
すごい量作るけど、食べるよ。私はあまり食べないけどね。
何故か?食べる量が激減してるのに、体重が減らない。
体重もだけど、体脂肪はあきれるほどあるわ。
さて、今日はシチューにします。
我が家のシチューはクリームシチューとビーフシチューを作ります。
なぜなら親子で好みが違うので。
片方だけ作ると一人が食べない。困った子達?です。

投稿: ひろ子 | 2007年7月20日 (金) 07時21分

んー、料理は楽しいね。昔から。
自家製のアンチョビか~、それはすごい。
アンチョビってけっこう何にでも合うし、
塩の代わりにもなるしおいしいよね。

お義父さんはやっぱり和食なんだね。
あとパスタって消化が悪いからかな。
あたしも胃の調子がよくないときは
食べないようにしてる。
ナポリタンもおいしいよね。
昔の喫茶店にあったようなやつが好き^^

ビーフとクリーム両方作るのは大変だw
でも食べる量が減ってるのは体調のせいもあるのかな?
仕事やめて動かなくなったら、
意識して散歩とかしたほうがいいかもね。
家にいすぎてもよくないかも~^^;

投稿: ABBY | 2007年7月23日 (月) 05時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30452/15760089

この記事へのトラックバック一覧です: プッタネスカ:

« トスカーナ風パンのサラダ | トップページ | 鶏モモ肉のソテーバジルソース »