« ささ身のペッパークリーム | トップページ | ピリ辛ポークソテー »

ジェノベーゼ

★おすすめ!

50

どうせ手間がかかるので、せっかくだからたくさん作って、

小分けにしておすそ分けしたりします。

1週間から10日、冷蔵庫で保存できます。

パセリが嫌いな人も苦味や香りはしないから大丈夫。

栄養満点、芳香ただようパスタペーストです。

【バジルペースト約8人分】

  • バジルの葉(生) 100g
  • パセリの葉(生) 50g
  • ニンニク 大きめ2片
  • 松の実 90g
  • 塩 小さじ5
  • 粗挽き黒こしょう 少々
  • パルメザンチーズ(粉) 180cc
  • エキストラ・バージン・オリーブオイル 250cc

【作り方】

  1. 松の実は中火のフライパンでカラ煎りして、表面に軽く焼き色をつける。
  2. バジルとパセリは茎の固い部分を除き(柔らかいところは使って大丈夫)、
    洗ってから布巾にとってよく水気を切り、あればフードプロセッサーで細かくしておく。
  3. にんにくは包丁を寝かせた上から拳固でたたいて皮をむき、
    すり鉢でペースト状になるまですりつぶす。
  4. 松の実を加え、トントンとたたきながらつぶしてさらにすり混ぜ、ペースト状に。
  5. 2を適量ずつ加えながらすりつぶしていく。フチについたペーストも
    ときどきかき落とし、ムラなく(フードプロセッサーがない場合は、
    つぶれにくいパセリからつぶしていく。できるだけ小さくちぎるとつぶしやすい)。
  6. すべてのパセリを加えて全体がねっとりと滑らかになったら、
    同じようにバジルを加えてすりつぶしていく。
  7. すべて丁寧にすりつぶしたら、塩、こしょうを加えてさらにすり混ぜる。
    20060226
  8. 次にチーズを少しずつ加えながら、同じようにすり混ぜていく。
  9. 全体がねっとりしてきたら、最後にオリーブオイルをまた少量ずつ加え、
    その都度すり混ぜて滑らかなペーストに仕上げる。
  10. パスタは好みのものを塩を入れたたっぷりの湯でゆでて、ペーストで和える。
    ひとり分の麺に対してペースト大さじ2杯前後くらいが目安。

※ガラスの密閉容器に入れて上にオリーブオイルをかけておけば

 酸化防止になり、冷蔵庫で1週間から10日は保存できます。

※ひたすらすりつぶしてすり混ぜる作業は結構重労働ですが、

 それだけの甲斐がある味。是非、一度は試して欲しいソースです。

※フードプロセッサーのみでも作れますが、やはりすり鉢で

 すりつぶした方がおいしくできます。愛情の入り方も違うしね。

|

« ささ身のペッパークリーム | トップページ | ピリ辛ポークソテー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30452/14367540

この記事へのトラックバック一覧です: ジェノベーゼ:

« ささ身のペッパークリーム | トップページ | ピリ辛ポークソテー »