« しらすのガーリックオイル煮 | トップページ | スモークサーモンのマリネ »

カスタード・プディング(自家製本格プリン)

★おすすめ!

327

慣れないうちはカラメルソースが難しいかもしれません。

でもおうちで作ったプリンとカラメルは、味も香りも最高!

ぜひ一度お試しあれ( v^-゚)

【直径15センチのケーキ型 1台分】

【カラメル】

  • 上白糖 200cc
  • 水 50cc

【カラメルソース】

  • カラメルの残り
  • 熱湯 50~100cc

【プリン生地】

  • 全卵 4個
  • 卵黄 2~3個分
  • 牛乳 400cc
  • 砂糖(上白糖) 110グラム
  • バニラオイル 適宜

【デコレーション】

  • 純正生クリーム 200cc
  • グラニュー糖 大さじ2強

※特にカラメルは手早さが決め手なので、

 作る前に必ず手順を読んでおいてくださいね。

※生地に使う卵は、割ってみて黄身の小さなもの

 だったら、卵黄は3個にした方がいいでしょう。

【作り方】

◆型の準備

  • 直径15センチのケーキ型(なければ深みのある耐熱皿)
    の内側に、指でバター(分量外)を薄く、まんべんなく塗っておく。

◆カラメルソース

時間はかかるけれど、焦げにくい方法を書きました。

逆に焦がしが足りなくても風味が落ちるのですが…。

もちろん、慣れている方は一気に加熱してOKです。

  1. 小鍋にカラメルソース用の上白糖と水を入れて煮溶かす。
  2. 1を中火で焦がしていく。同時に、ポットかやかんに熱湯を用意しておく。
  3. スプーンなどでざっと混ぜて砂糖を完全に溶かし、
    ぶくぶくと泡立ったらそのまま混ぜないでしばらく煮詰める(写真a)
    このとき、非常に高温になっているのでやけどに注意!
    Puddin_a_1
  4. 充分に水分が飛んで、濃度が出たら鍋を手前に傾け、
    向こう側の砂糖液のふちを焦がしていく。泡が濃いあめ色になったら
    鍋を反対側に倒して、焦げをいきわたらせる(写真b)
    この作業を、大体8~10回繰り返す(写真は3回目)。
    Puddin_b
  5. 全体が濃い紅茶色になり、香ばしい香りがしてきたら火を止める。
    これは9回目(写真c)最初は時間がかかりますが回数が増すほど
    焦げる時間が短くなってくるので要注意。焦がしすぎてしまったら失敗です!(笑)

    Puddin_c
  6. すぐに少量を用意しておいた1の型の底に薄く流す
    (全量使わずに残りはソースにします)。
    すぐに固まるので、手早く型を回して広げます。
    ある程度広がれば隅までいかなくてもOK(写真d)
    Puddin_d
  7. 鍋に残った方のカラメルは、のばしてソースにします。
  8. 用意しておいた熱湯を少しずつ足していきますが、
    このとき必ず熱湯を使って、鍋を自分と反対側に傾けながら足します。
    カラメルは非常に高温になっているので、水だと爆発します(^~^ ;A
    熱湯でも少しはねるので、絶対に自分のほうには向けないで!
  9. 火からおろして完全に冷めたら冷蔵庫で冷やす(写真e)
    Puddin_e

◆プリン生地

  1. 大き目の鍋に牛乳と砂糖を入れ、弱火にかける。
    あくまでも砂糖を溶かすためだけに火にかけるので、
    加熱しすぎないように注意してください。
    同時に蒸し器に水を充分張り、火にかけておく
    (このとき、カラメルを作った鍋で牛乳を火にかけてもよい。
    プリン生地自体にも、カラメルの風味が移る)。
  2. 全卵と卵黄をボールに合わせて、よく溶いておく。
    卵のカラザ(卵帯)を丁寧に取り除いておくと、漉すときに格段に楽になる。
  3. 1の砂糖がほぼ溶けたら火を止め、2の卵液を
    一度に加えて泡立て器で手早く全体を混ぜる。
  4. 3にバニラオイルを加え、茶こしで漉す(写真f)
    漉すひと手間を加えるだけで、格段に滑らかな仕上がりになります。
    Puddin_f
  5. 用意した型のカラメルの上から注ぎ、できる限り弱火にした蒸し器に入れる。
  6. 鍋と蓋の間に布巾をかませ、蓋は少しずらして置いて約45分間蒸す。
  7. 布巾が垂れてガスの火が移らないようにくれぐれも注意(写真g)
    Puddin_g
  8. 竹串を中まで差しても何もついてこなければ蒸し上がり。
    蒸し器から出して充分冷ましたら、ラップをかけて冷蔵庫へ(写真h)
    型の底を氷につけると早く粗熱が取れます。
    Puddin_h

※卵黄の大きさによってプリンのかたさなども変わってきます。

 蒸し時間を調節してくださいね。

デコレーション

  1. 純正の生クリームにグラニュー糖を混ぜ、八部立てにします。
    このとき、砂糖の量は自分の舌で確認して調節してください。
    甘みと、クリームの脂肪分のバランスが取れれば成功。
  2. プリンは冷蔵庫で最低3時間冷やして型から出す。
    型とプリンの隙間にスパチュラやナイフをそっと差し込んで抜きやすくし、
    皿をかぶせてそのまま静かにひっくり返すと崩れません。
    (写真は型から抜いた状態)
  3. Puddin
  4. クリームをふわっと乗せて、カラメルソースをかけて出来上がり!
    ラムレーズンを散らしてもおいしい♪

※カラメルは作りやすい分量なので多めです。

 残ったら牛乳に混ぜたり、アイスクリームなどにかけてもおいしいですよ♪

※蒸すまでの作業時間は30分程度です。

|

« しらすのガーリックオイル煮 | トップページ | スモークサーモンのマリネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30452/14367103

この記事へのトラックバック一覧です: カスタード・プディング(自家製本格プリン):

« しらすのガーリックオイル煮 | トップページ | スモークサーモンのマリネ »