« バーニャカウダ | トップページ | トマトソース ABBY風 »

ニョッキ

21

つるつる、ふわっとした食感は手作りならでは。

ほんとにおいしいからぜひ試してみて!

チーズソース、ジェノベーゼなど、好みの味でどうぞ。

私はシンプルなトマトソースが大好き。

お芋の香りと食感とよく合ってなんともいえません♪

トマトソースの作り方もあります。

【4人分】

  • ジャガ芋(男爵) 850g
  • 薄力粉 250g
  • 卵 1個
  • 塩、こしょう

【作り方】

  1. じゃが芋は皮をむいて大きめの乱切りにし、
    水にさらさないでたっぷりの熱湯でゆでる。
  2. 竹串が通るようになったら水気を切り、裏ごしする。
  3. 薄力粉を2回に分けてふるい入れ、ムラなく混ぜる。
  4. 中央を少しくぼませて卵を割り落とし、少し塩こしょうして
    均一にまとまるまで混ぜる(そのままでもいいが、
    冷蔵庫で少し寝かせると扱いやすくなる)。
  5. 塊を16分割ほどにして、1つずつを直径1.5センチほどの
    棒状に伸ばし、さらに長さ2センチ位に切る。
  6. 何回かに分け、塩少々を加えたたっぷりの熱湯に入れ、
    白玉の要領で浮かんできたらすくって水気を切る
    (最初の分が冷めていたら最後に一度鍋に戻して温めても)。
  7. トマトソース、チーズをたっぷりかけてどうぞ。

※じゃが芋に大和芋を混ぜると、ツルッとした食感に。

 チーズソースなどにはもそちらのほうが合うかもしれません。

 私はじゃが芋だけの素朴な味も大好きです。

※生地が余ったらゆでておき、ラップなどにくるんで冷蔵庫に入れれば

 冬場で1週間ほど保存できます。ただし、食べるときにかならず火を通すこと。

|

« バーニャカウダ | トップページ | トマトソース ABBY風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30452/14357652

この記事へのトラックバック一覧です: ニョッキ:

« バーニャカウダ | トップページ | トマトソース ABBY風 »