« サーモンときゅうりの黒パンサンド | トップページ | 揚げ卵のあまから煮 »

野菜の天ぷら ABBY風

Photo

自慢の天ぷらの秘訣は、天ぷら粉(笑)

材料や切り方にも、ちょっとした工夫やコツがあります。

こんなものを天ぷらに?という方もぜひ一度試してみてください。

【材料】

コレだけは外せないモノ

  • 昭和てんぷら粉 黄金
  • 日清キャノーラ油(必ず開けたての新鮮なものを)

ちょっと意外だけどぜひ試して欲しいモノ

  • カリフラワー
  • ペコロス(小玉ねぎ)
  • かきゆり根(ほぐしてあるもの)
  • ズッキーニ
  • スナップえんどう
  • 菜の花

普通だけどちょっとコツがあったりするモノも…

  • 海老
  • タコ
  • レンコン
  • 茗荷
  • ふきのとう
  • タラの芽
  • 行者ニンニク
  • オクラ
  • グリーンアスパラガス
  • ソラ豆
  • 大和芋(すりおろし)
  • そのほか、舞茸などお好みで

6_1

【作り方】

  1. レンコンは輪切りにしないで、大き目の乱切りに!
    こうすると食べた時に繊維が出てしまうという難点があるものの、
    それを補って余りあるほどの香ばしい香りと新鮮な食感が!!
    もちろん、切ったあとは水にさらし、よく水を切ってから衣をつけること。
  2. 山菜類は茎の部分の変色しているあたりを少し削って、
    みょうがは縦半分に切り、ふきのとうは外側の葉を裏返しておく。
    菜の花は広がるので1本ずつに分ける。
  3. ズッキーニは長さを3等分くらいにして縦に4~6つ割り、
    アスパラは長いまま根元の硬い部分を3センチほど切り落とし、
    さらに3分の1くらいのところの薄皮を皮むき器でむいておく。
  4. エビは殻をむいて内側の筋を3か所切って伸ばすと丸まらない。
    片栗粉と酒(分量外)各少々をまぶし、15分ほど置く。衣をつける前によく水気を拭く。
  5. 衣をたっぷりつけて、普通に揚げる。ただし、カリフラワーは茎には衣をつけず、
    花の部分だけを衣で覆うようにして揚げる。ほくほく、甘くておいしい!
    山菜は衣を若干薄めにするといい。
    そら豆は甘皮のままなら切れ目を入れて1個ずつ、むく場合は2~3こまとめて揚げる。
    ゆり根は大きさによって2~3個か1個ずつかにする。

※野菜は歯ごたえが命。箸でつまんで衣が硬くなっていたらまず火が通っている。

※私はだんぜん、あら塩で食べます!モノによってはレモンやカボスも…。

※カリフラワーのほか、ゆり根、ペコロス、スナップえんどう、
 ズッキーニも本当におすすめ!ぜひ試してみてね♪

※残った天ぷらは冷蔵庫で冷やして、その日のうちなら冷たいまま
 塩をつけて食べるとまた甘みが増しておいしい!
 翌日になると衣が若干粉っぽくなるので、衣を取って食べてもいい。
 甘みの強い温野菜のサラダになっている。

※掻き揚げにするときは、小さなボール、茶碗などの器に1個分ずつ、
 気持ち固めの衣を少ないかな?ぐらいの量でよくからませておき、
 滑らせるようにそっと油にいれ、箸で形を整えながら揚げる。
 さらにそれより少し薄めの衣を、揚げている上から流しかけるといい。

147_3   

海老と三つ葉の掻き揚げに、あら塩と濃い緑茶でお茶漬けも最高♪

|

« サーモンときゅうりの黒パンサンド | トップページ | 揚げ卵のあまから煮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30452/14357270

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の天ぷら ABBY風:

« サーモンときゅうりの黒パンサンド | トップページ | 揚げ卵のあまから煮 »