カテゴリー「【2.Lens】Canon EF28-80mm f1:3.5-5.6V USM」の投稿

2013/01/03

2013 だれもいない/かもしれない(28)

26

 

奇跡の一枚

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

中野正貴さんの「TOKYO NOBODY」のパロディ、「だれもいない」を撮り始めて、6年目になる。

 

そもそもは、誰もいない道を撮ろうと思っていたわけではなく、

道を撮るのが好きで、車の少ない正月休みの早朝を狙って出かけたら、

せっかくだし、これなら誰もいない道路が撮れるのではと始めたもの。

 

05_2  12_2

15_2  20_3

 

最初の2年は意外とスムーズにそれらしい写真が撮れていたのだが、

年を追うごとに時間のタイミングが良くないのか、人の流れが変わったのか、

色々な要素の複合だとは思うが「だれもいない」瞬間が困難になってきた。

風邪を引いていたり、正月がものすごく寒かったり起きられなかったりと、

自分の体調や都合でうまくいかなかった年もある。

 

去年からは少し気を楽に考えて、車の1台、人のひとりやふたりは

遠目に入ってしまってもいいんじゃないかと(つまり、それまでは車だけじゃなく

人も一切入らない瞬間だけを狙っていたわけで、そのコンセプトで2本も撮っていた

最初の2年は今思えばまさに奇跡のようなもの)思うようになり、

タイトルもabout nobody(ほぼ誰もいない)から、no/somebody(誰もいないかもしれない)に。

もちろん何も写り込まないに越したことはないが、駐車している車はもともと除外。

困るのはハザードを出して停車している、納品やタクシーなど。

長い道で人が来てしまったら、移動速度が遅いだけに諦めざるを得ないことも。

以前、完璧さを求めていた時は交差点に30分粘って撮る、ということもしていたが、

今年は一か所の時間をできるだけ短縮し、通行量が増える前に撮る場所を増やすことにした。

 

信号何回も待って、「今だ!」と思った瞬間に後方から車や人がフレームインは当たり前。

今回で一番悔しかったのがまさにそれで、シャッターを切った瞬間に思わず声が出たほど・・・。

 

16_3

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

コースは桜田通りを虎ノ門までくだり、さらに新橋へ。

あわよくば新橋駅周辺も・・・と思ったが、とても無理だった。

それを狙うなら、あと2時間は早くスタートしなくては(それも魅力的ではある)。

数枚、色が付いているのはユーロフィルター使用。

カメラはこのシリーズではオートの一眼にオートのズームレンズを使うのだが、

レンズがいつもと比べて暗いせいか、ブレている写真が多くてびっくり。

焦って撮っているので構図が適当なのは想定内にしても、手ブレは初めて(笑)

 

それにしても、ここ何年かの正月ではかなり暖かいほうで助かった。

風があったので耳は痛かったが、一応持っていっていたイヤーマフで凌げたし、

歩いている分には後半、汗をかくほどだった。

気温が低くてあの風だったら、とてもじゃないが新橋まで辿り着けていなかったと思う。

 

よければ是非、アルバムのほうもご覧ください。

 

24

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

アルバムはメインサイト路地裏の花たちにて。携帯サイトはこちら↓
Qr

| | トラックバック (0)

2008/12/13

Autumn RED(22)

19

 

燃える秋。Autumn RED。

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

この日のコースは、仙台坂を撮りつつ上り、有栖川公園へ。

 

前週の撮影で紅葉の状態がわかっていたので、

開き直ってちょうど買ったばかりのこのフィルムを試すことにした。

ロモグラフィーから新発売された、RedScale 100。

商品説明とサンプル画像からは、もう少し元色がでるのかな?

と思っていたのだが、実際はほぼモノトーンだった。

もちろん、現像やプリントによって違うのかもしれない。

これはネガフィルムからのプリントスキャン。

 

感想は、少しアンダーだが、艶があって粒子が細かい。

販売終了になったセピアフィルムに似ている気がする。

個人的には、逆光で撮った時の粗さも好きだった。

 

紅葉は期待通り、くすんだ色が見事に赤く強調された。

黄葉も紅葉になったけど、こんな秋も面白いかもしれない。

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

アルバムはメインサイト路地裏の花たちにて。

 

 


続きを読む "Autumn RED(22)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/18

薔薇の溜息、秋桜の夢(29)、(27)

10 

20_2

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

秋桜は、茨城市にある国営ひたち海浜公園のもの。

薔薇はそれに、11月に撮った横浜のものをあわせてアルバムにした。

 

メインサイトでは、薔薇と秋桜で2つのアルバムに分けている。

コスモスでは、ケンコーのミラーレンズ(レフレックス)を使用した。

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

アルバムはメインサイト路地裏の花たちにて。

 

 

 

続きを読む "薔薇の溜息、秋桜の夢(29)、(27)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/11

タイム★マシン(30)

14

 

タイムマシンに乗って

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

この日は、友達にもらったチケットで浅草の花やしきへ。

子供の頃から行きたかったのに、実現したのはこれが初めて。

今の花やしきもレトロで楽しい遊園地だったが、

なおさら、改装前に行っておきたかったと思った。

 

写真は、F-1でクロスを、55でモノクロを。

ネオパンにはコントラストを強めるため、R1フィルターを使用。

 

実はこの日入れていたロモのスライドフィルム、

発売されてからすぐだったので初トライだったのだが、

説明を見た限りでは「クロスプロセスに最適なフィルム」

としか書いていなかったので当然通常のポジ撮影も出来ると思っていたのだが、

いざ普通のDPEに出してみると「クロスプロセス専用のようです」

と電話連絡があって返却された。

 

09

 

仕方なくクロス現像に切り替えたため多少時間もかかってしまった。

スライドフィルムでありながらクロス現像しかできないことに未だに疑問。

結果的には、クロスのおかげでますます時間の感覚が曖昧になったとは思うが。

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

アルバムはメインサイト路地裏の花たちにて。

 

 

 

 

続きを読む "タイム★マシン(30)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/24

白昼夢(40)

20

 

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

2月24日から3月9日のこのアルバムはほとんどが元麻布。

特に建物の中のものは、以前住んでいたビルで撮影。

2棟が向かい合う形で建っていて、それぞれ1階部分はスタジオや倉庫、

上階も住居よりは事務所が多い、マンションではなくまさに「ビル」だった。

そして、母と最後に暮らした場所でもある。

 

27

 

ここは一度取り壊しが決まり、立ち退きがあったのだが、

その後しばらく閉鎖状態になっていたにもかかわらず、

結局1棟だけが取り壊されて今は駐車場になり、

もう1棟は壁を塗り直し、再び貸し出されているようだ。

残ったほうの1棟は坂に沿った5階建てで、

1階からと4階から出入りできるようになっている。

4階部分の出入り口があるのは本当に裏道で、

昔はそれこそ地元の人でも滅多に通らないような道だったが、

今は結婚式専用の商業チャペルができたせいで信じられないくらい人通りがある。

 

その裏手にあたる玄関の隣に、地下に広い邸宅がある。

今は空き家になっているが、チェッカータイルの中庭といい、

ガラスブロックの壁がある玄関といい、子供心にとても印象深い家だった。

隣に住んだのは大人になった一時期だけだったが、

子供の頃も近くに住んでいたし、親の知り合いだったようで、

小さい頃から知っている家だったのだ。

 

33

 

中庭には小さいけれどとても綺麗に葉をつける柳の木があって、

季節が来ると素敵な景観を作っていたのだが、

空き家になってしばらくするとその木も伐られてしまった。

そのままにしていてもなんの害もないはずの木を伐る神経が、

私にはさっぱり理解できない。

 

そんな思い出深い場所、そして朽ちかけていく場所を、

期限切れのアグフア400で撮ったら、まるで白昼夢のような写真になった。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

アルバムはメインサイト路地裏の花たちにて。

 

 


 

続きを読む "白昼夢(40)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/17

early spring -2008-(42)

10

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

17日、麻布十番と三田小山町で近所をちょっと散歩。

春一番が吹いた23日、お昼まではポカポカ陽気の最高気温17度。

まず元麻布を散歩して、午後から六本木を歩こうと出直したら、

一転して北風に、その夜はなんと気温0度まで下がったほどだ。

北風も突風というか暴風というか、なかなかないほど大荒れの天気だった。

久し振りに歩いた六本木は、黄砂で視界も曇っていた。

 

31

 

このステッカーもあちこちでよく見かける。

ここには昔、友達が住んでいてよく遊びにきた。

卒業した中学校が六本木にあったし、住んでいた時期、

仕事に通っていた時期も結構長くて、この辺りには思い出も多い。

ただ、あまりにも人や店が変わり、治安もますます悪くなって、

ほとんど足を踏み入れることすらなくなってしまった場所。

 

かなり久し振りに歩いたせいで、毎日のように遊んでいたスクエアビルや、

前の歩道が細い上に斜めに傾斜していて、

雪が降ると滑って歩けなかった丸源ビルが閉鎖していたのがショックだった。

 

27_2

 

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

アルバムはメインサイト路地裏の花たちにて。

 

 


続きを読む "early spring -2008-(42)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/19

汚れた虹(48)

47


偽りの虹の浮かぶ

その川は汚れている

 

  …君は知っている?

  知っているよね

  なぜなら君たちは優れているから

 

美しい場所は失われ続ける

君たちが糧を得る場所は

破壊されるば かり

ただ術もなく

その水に降りるしかない

 

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

このアルバムは、1月19日の麻布十番~六本木~西麻布~南麻布(広尾商店街)と夜の十番商店街、

20日と27日の麻布十番~南麻布~白金~元麻布の写真の中から落着いた感じのものを選択。

 

南麻布、白金方面も、友達が住んでいたりで訪問頻度は結構高かった。

辺りを歩いたのはこれが久し振りだったので、懐かしい風景もあるが、

見慣れない風景もあってやはりこっちの方も変化しているんだと感じた。

 

古川、という川は、東京タワーと並んで自分にとっての原風景の一部だ。

昭和の前半までは本当に川に入って泳げたらしいが、

私が子供の頃は汚染がひどく、夏になると元麻布までドブ川の臭いが漂ってきたほどだった。

それがこの10~20年ほどで、綺麗とはいえないまでも、鯉や亀が生息し、

鴨、鷺、セキレイなどの姿が見られるほどには改善された。

やはり夏近くなって湿度の高い日には潮のにおいが町にも流れてきて、

田舎の綺麗な海のにおいとはまったく違うのだろうが、

それでもそれは記憶に染み付いた、自分にとってどこかほっとする香りなのだ。

 

その川に、綺麗になったとはいえ、まだこんな不法投棄や、油染みが浮かぶ。

それらのものは川に入り、川と同化していく過程で、無言の非難を発していた。

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

アルバムはメインサイト路地裏の花たちにて。

 

 

続きを読む "汚れた虹(48)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/28

Seaside Park in Autumn(48)

05_2

 

まずはビスタ100、コンパクトマクロでコスモス。

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

祈りが通じた、台風一過の大晴天。陽射しは痛いほどの暖かさの中、

コスモスと秋バラを心行くまで楽しんだ。楽しみすぎて写真多すぎ。

 

ひたち海浜公園は、たくさんのエリアと遊園地のある国営の広大な公園。

私はコスモスが咲く秋になると出かけるが、もちろん四季折々の植物が楽しめる。

前の年のこの時期にはコスモスがあった丘は、この年からコキア(ほうき草)の丘になっていた。

 

12

 

アグフアのプレシーザ。

 

コスモスは、やはり台風の爪あとでほとんどが横倒しになっていたが、

枯れようが褪せようが折れようが倒れようが、花は痛いだろうが、

その美しさはひとつも損なわれるものではない。

 

28_4

 

ロモグラフィーフィルム100(これを撮った当時は100しかなかった)。

春のバラはほぼ毎年撮ってるけど、秋バラは実はこれがはじめて。

というより、コスモスが目的で行ったらバラ園があって、

撮らないわけにはいかなくて、結局、バラのほうが全然楽しかった。

 

花を撮るのは基本的に好きだし楽しいのだが、

もしかすると、すべての被写体の中でバラが一番好きかも…と思った。

 

47

 

そしてもうひとつ好きなもの。遊園地撮り。

こういう物悲しい写真はさすがだね、と某所で言われたけど、

それがほめ言葉なのかは少し疑問・・・。

 

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

アルバムはメインサイト路地裏の花たちにて。

 

 

続きを読む "Seaside Park in Autumn(48)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/02

色褪せた現在-未来の記憶vol.2-(30)

10

  
 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

この日のルートは、麻布十番を一周してから東麻布へ。

日の出前は少しいい色に染まっていた空もすぐに曇り、

早朝の町はすべてが灰色で、暗く沈んでいた。

閉店したショップは知人のもの。今は違う店になっている。

タイガーロープが張られ、綿毛の花がかわいい空き地はとうに駐車場になり、

まるで矢印のような地面のラインも、作りかけの別の駐車場。

パイロンが置かれた、コンクリートが割れた地面は翌週には整備され、

なかなか楽しいカバーだった工事現場にはビルが建ったが、

錆びたえ瓊うえに脚が曲がって傾いている椅子は、

使われているのかどうか確認はしていないがまだここにある。

ラムネの便が置いてあったのは何屋さん?と、

飯倉が地元の主人にあとから聞いてみたが、

昔よくここでラムネを飲ませてもらったものの、

それ以上は要領を得ない情報しか返ってこなかった・・・。

 

05_3

 

なんということのない風景だか、なぜか一の橋からのこの眺めが無性に好き。

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

アルバムはメインサイト路地裏の花たちにて。

 

 

続きを読む "色褪せた現在-未来の記憶vol.2-(30)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/21

未来の記憶(24)

15_2

 

2008年3月いっぱいで廃業した麻布十番温泉の材木置き場。

まだ営業していた頃に、裏から見たところ。

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

通っていた幼稚園、小学校は、今の六本木ヒルズの裏側にある。

小学校2年から約2年間、校舎建て替えのため鳥居坂の仮校舎にも通った。

中学校は、芋洗い坂の下のほう。裏門が、テレビ朝日の庭園に面している。

20代のほとんどは、麻布から鳥居坂上の職場に通っていた。

このアルバムには、そんな通学・通勤路がたくさん写っている。

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

アルバムはメインサイト路地裏の花たちにて。

 

 

 

続きを読む "未来の記憶(24)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

【1.Camera】Asahi Pentax SP | 【1.Camera】Canon 7型(Type 7) | 【1.Camera】Canon EOS 55 | 【1.Camera】Canon EOS kiss | 【1.Camera】Canon EOS kissⅢ | 【1.Camera】Canon EXEE | 【1.Camera】Canon F-1 | 【1.Camera】Canon New F-1 | 【1.Camera】Contax Aria | 【1.Camera】Contax ST | 【1.Camera】HOLGA 120S/GF(WOCA) | 【1.Camera】HOLGA 135 BC | 【1.Camera】Nikomat FTn | 【1.Camera】Nikon F-501 | 【1.Camera】Nikon F90X | 【1.Camera】Nikon FG-20 | 【1.Camera】Olympus OM-1 | 【1.Camera】Olympus OM-1(black) | 【1.Camera】Olympus OM-1(navy) | 【2.Lens】Canon EF 50mm f1:2.5 compactmacro | 【2.Lens】Canon EF28-135mm f1:3.5-5.6 IS | 【2.Lens】Canon EF28-80mm f1:3.5-5.6V USM | 【2.Lens】Canon FD 135mm f1:2.5 S.C. | 【2.Lens】Canon FD 50mm f1:1.4 S.S.C. | 【2.Lens】Canon FD 55mm f1:1.2 S.S.C. | 【2.Lens】Canon Lens 50mm f1:0.95 | 【2.Lens】Canon Lens EX 50mm f1:1.8 | 【2.Lens】Canon Lens EX 95mm f1:3.5 | 【2.Lens】Canon New FD 35-70mm f1:3.5-4.5 MACRO ZOOM | 【2.Lens】Canon New FD 50mm f1:1.2 | 【2.Lens】Canon New FD 85mm f1:1.2L | 【2.Lens】Carl Zeiss Planar T* 50mm f1:1.4 AEJ | 【2.Lens】Carl Zeiss Planar T* 85mm f1:1.4 AEG | 【2.Lens】Kenko MIRROR LENS 500mm f1:6.3DX | 【2.Lens】Lensbaby 3G(f1:2.0~) | 【2.Lens】Lomography×Zenit New Petzval Art Lens(f1:2.0~) | 【2.Lens】Nikkor S・C Auto 55mm f1.2 | 【2.Lens】Nikkor-H.C 5cm f1:2 | 【2.Lens】Nikkor-H50mm f1:2 | 【2.Lens】Nikon AF Nikkor 24-85mm f1:2.8-4.0D | 【2.Lens】Nikon AF Nikkor 50mm f1:1.4D | 【2.Lens】Nikon AF Nikkor 50mm f1:1.8D | 【2.Lens】Nikon AF Nikkor 85mm f1:1.4D | 【2.Lens】Nikon Ai Nikkor 50mm F1.2 S | 【2.Lens】OM G.ZUIKO AUTO-S 50mm f1:1.4 | 【2.Lens】OM G.ZUIKO MC AUTO-W 35mm f1:2.8 | 【2.Lens】OM ZUIKO AUTO-S 50mm f1:1.2 | 【2.Lens】OM ZUIKO MC AUTO-S 50mm f1:1.8 | 【2.Lens】Pentax Auto Takumar 55mm f2.0 | 【2.Lens】Pentax Super Takumar 135mm f1:2.5 | 【2.Lens】Pentax Super Takumar 55mm f1:1.8(Not Atom) | 【2.Lens】SIGMA APO 70-300mm f1:4-5.6 DG MACRO | 【3.Film】120mm(Brownie) | 【3.Film】AGFA APX 100(終) | 【3.Film】AGFA APX 400(終) | 【3.Film】AGFA photo APX 400(変) | 【3.Film】AGFA photo APX 100(変) | 【3.Film】AGFA photo vista plus 100(変)(終) | 【3.Film】AGFA photo vista plus 200(変)(終) | 【3.Film】AGFA photo vista plus 400(変)(終) | 【3.Film】AGFA precisa 100(終) | 【3.Film】AGFA SCALA 200x | 【3.Film】AGFA ultra 100(終) | 【3.Film】AGFA vista 100(終) | 【3.Film】AGFA vista 200(終) | 【3.Film】AGFA vista 400(終) | 【3.Film】dm Paradies 200 | 【3.Film】DNP CENTURIA 100(終) | 【3.Film】DNP(Konica) CENTURIA 200(終) | 【3.Film】DNP(Konica) CENTURIA 400(終) | 【3.Film】efiniti UXi super 200(終) | 【3.Film】Ferrania Solaris 100(変)(終)US | 【3.Film】Ferrania Solaris 100(終)EU | 【3.Film】FOMAPAN profi line 400 | 【3.Film】FOTO 200 | 【3.Film】FUJI COLOR X-TA 400 | 【3.Film】FUJI NATURA 1600 | 【3.Film】FUJI NEOPAN PRESTO 400 | 【3.Film】FUJI PRESTO 1600(終) | 【3.Film】FUJI SUPERIA Venus 800 | 【3.Film】FUJI Velvia 100 | 【3.Film】HOLGA 400 | 【3.Film】Kodak color plus 200(終) | 【3.Film】Kodak Ektar 100 | 【3.Film】Kodak Gold 100(終) | 【3.Film】Kodak Gold 200(終) | 【3.Film】Kodak PORTRA 400(New) | 【3.Film】Kodak PORTRA 800 | 【3.Film】Kodak Pro Foto XL 100(終) | 【3.Film】Kodak T-MAX 3200(終) | 【3.Film】Kodak T-MAX P3200(終) | 【3.Film】Kodak T-MAX400 | 【3.Film】Kodak ULTRA MAX 400 | 【3.Film】KONICA JX 400(終) | 【3.Film】KONICA MINOLTA JX 100、400(終) | 【3.Film】KONICA MINOLTA 業務用 100(終) | 【3.Film】Lomography color negative 100 | 【3.Film】Lomography color negative 400 | 【3.Film】Lomography color negative 800 | 【3.Film】Lomography LADY GREY 400 | 【3.Film】Lomography RedScale 100(終) | 【3.Film】Lomography X-Pro Slide 100(終) | 【3.Film】LUCKY color Super 100 New(終) | 【3.Film】LUCKY color Super 200 New(終) | 【3.Film】LUCKY New SHD 100(終) | 【3.Film】MITSUBISHI super MX 100(終) | 【3.Film】PERUTZ Primera 200(終) | 【3.Film】Sunny 100 | 【3.Film】techno kolor 200(終) | 【3.Film】Tokyo gratzy PARADE 100(終) | 【3.Film】Tokyo gratzy RAINBOW 7(終) | 【4】a麻布十番 | 【4】b麻布台、永坂、狸穴 | 【4】c元麻布 | 【4】d南麻布 | 【4】e東麻布 | 【4】f西麻布 | 【4】g六本木 | 【4】h三田 | 【4】i白金、白金台 | 【4】j高輪 | 【4】k虎ノ門、愛宕 | 【4】l赤坂 | 【4】m芝、芝公園、芝浦、浜松町 | 【4】n新橋、西新橋 | 【4】o北青山 | 【4】pパルム、りゅえる | 【4】q林試、目黒不動 | 【4】r小山、小山台 | 【4】s戸越、荏原、大井町 | 【4】t祐天寺、学芸大、都立大 | 【4】u目黒通り、山手通り、中目黒 | 【4】v目黒本町、26号線 | 【4】w碑文谷、西小山 | 【4】x自由が丘、中根 | 【4】y大崎、五反田 | 【4】z馬込、中延、旗の台 | 【4】それ以外 | 【5】Monochrome(モノクロ) | 【5】Outdated(期限切れ) | 【5】Toy camera(トイカメラ) | 【5】X-process(クロスプロセス) | 【お知らせ/その他】 | 【人物】 | 【桜、薔薇、秋桜】 | 【自分用メモ】