« Retromania(39) | トップページ | 路地裏の春 2016(34) »

2016/05/01

春風に吹かれ(33)

07

 

春風に吹かれ

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

今年の3月4月は本当に気温が低かった。

と同時に、桜の季節にこれだけ晴れないのも、まず珍しいですよね。

3月に入るとやはり三寒四温で暖かくなって桜が咲きはじめ、

そこでいったん寒が戻って「花冷え」そして雨が降ってあ~~と思うのが例年。

今年の東京は雨は降らない代わりに肌寒く曇天続きのまま満開を迎えましたね。

 

久しぶりにキヤノン7を持ち出したはいいけれど、フォーカスが見えづらくて見えづらくて

あまりに見えないので撮る気をなくし、1か月近くもそのままカメラを放置。

以前flickrで同じ組み合わせを所有しているという海外の方が

「自分はもうピント合わせがきついので、使うことが難しい」

と仰るので、そんなこと言わずにぜひ使ってくださいよ的なことを片言で言ったけれど、

加齢の影響かこんなに自分が苦労するようになって、なるほどと思った。

以前といってもほんの何年か前なんですけどね。

たまたま最近思い立ったことがあって、

フィルムで町を撮り始めたころからの写真を選別するために全部見返したのですが、

このレンズを手に入れた頃は楽しくて仕方なかったらしく、

ほとんど毎回この組み合わせで出かけていたようです。

もともと重い上にやはり私にはレンジファインダーの二重像や、

ファインダーで見たままの画角を写せないこと、

0.95を装着するとファインダーの視野が一部欠けてしまうこと、

何より最短焦点距離が長いことなどが不便で不便で使わなくなってしまいましたが。

 

そして去年も桜で7を持ち出し、途中でやめてまた1か月後に残りを撮り切るという

今年とほぼまったく同じことをしていました…。

ただ今年は、その時の写真も含めてですが過去の写真見直し作業の際、

「この日はいいな」と思う写真はほぼこの7かアリアで撮っていたことを発見。

少し気合いを入れ直して残りのフィルムを使ってみました。

慣れもあるのか被写体のせいか、桜を撮った時よりは撮りやすかったし、

やっぱり大好きなレンズですから今年はもう少し出番を増やしたいな

(これもいつも言っているような気がしますが………)。

 

今年はやっと体調も悪くなく、時間的にも余裕があった桜の季節。

なのに天気が今一つだったり、桜が綺麗な公園が近いせいで

いつでも撮れるから…と逆にタイミングを逃してしまいました。

思い返せば、レフレックスやらペッツヴァールを使えばよかった。

 

00

 

06

 

14

 

17

 

24

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

33枚すべてはメインサイトにて。

Bana

携帯サイト(更新停止)

|

« Retromania(39) | トップページ | 路地裏の春 2016(34) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30452/63441959

この記事へのトラックバック一覧です: 春風に吹かれ(33):

« Retromania(39) | トップページ | 路地裏の春 2016(34) »