« 紫陽花賛歌(32) | トップページ | 木漏れ陽の日(33) »

2013/06/01

vermillion(50)

37

 

昭和52年新調ス

 

調べると、昭和52年というのは高度成長期の直後ぐらいである。

戦後から高度成長期の間は、国民が一丸となって復興に励み、

貧しいけれど近年では一番元気があった時代だったと思う。

それが一段落した昭和40年代から少しずつ、人々が贅沢できる余裕が生まれていく。

 

少し前に、年代ごとに1話ずつ抜粋して3話で構成された、

古いアニメのスペシャル番組をテレビで見ていて少し驚いたシーンがある。

それは子供たちがいつも遊ぶ広場でのことなのだが、

不法投棄された家具、家電などが集まっている一角があり、

ガキ大将がそれに対し、

『今や使える物でもどんどん捨てて買い換えるのが文化である』

というようなことを言うのである。

 

調べてみると、それは1969年の作品だった。

物を大切に使うことは美徳とされるが、

貧しくて使い続けるしかなかったという事情もある中で

景気がみるみる上昇してそのリバウンドであるかのように

もちろん一部のことだろうが、古いものはかっこ悪い、

これからは次から次へ買い換えるのがトレンドという風潮になったのだろう。

実は、1969年は私が生まれた年である。

そこには企業の戦略もあったのかもしれないが、

それも含め、その時代にすでにそんな流れになっていたとは、

このアニメを見るまではイメージがまったくなかったので驚いたのだ。

 

それでも、やはりそれは一部のことであって、昭和52年(1977年)

にはまだまだ物を大切にしようという心は強かったのだろう。

この、立ち退き跡の染物屋の桶の底に書かれた文字や、

事情は分からないが生活がそのまま置いて行かれたような空き家を見ると

いつものことだが、なんとも言えない気持ちになった。 

 

26

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

B57

 

Vermillion

 

有栖川公園の隣のグラウンド前のタチアオイなのだが、今年はやけに赤かった。

たしかにここのタチアオイは赤いものがあると記憶しているのだが、

ここまでほとんどが赤い花だった年は、この6年でもなかった気がする。

どんな花も、色や大きさ、花びらの質感などが年毎にけっこう違うのだと、

散歩写真を撮り始めてから気づいたのだけれど、

最初は何本かの赤が珍しくて撮っていた記憶があるほどなので、

今年のこの、息苦しさを感じるほどの赤の群れはやはり異常なのだろうか?

そういえば、今まで気づかなかったような場所のタチアオイが、

今年はやけに背が高く、群生している気がするな。

 

39

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

この日は、有栖川方面に向けて仙台坂を上るまではいつも通りだが、

ちょっと久しぶりに本村小学校がある南麻布3丁目あたりをぶらぶしてから

グラウンド周辺を撮り、元麻布を通って帰るコースを歩いた。

 

02 10 14

モーモーベルとかアンテナマンとかラスティスマイルとか・・・

 

37_2 36_2 48

 

小さい花たちにもたくさん会えた。

もう少し鮮やかなフィルムを入れていても良かったかな、と思う。

 

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

アルバムはメインサイト路地裏の花たちにて。携帯サイトはこちら↓
Qr

|

« 紫陽花賛歌(32) | トップページ | 木漏れ陽の日(33) »

コメント

東京は昨日から一転、涼しい気候になりました。
30度切ると涼しく感じる時点でだいぶ問題ですが…^^;
それでもこのしばしの休息後は、更なる猛暑、
そして長引く残暑が待っているとの予報です。
全身全霊で、その予報が外れてくれることを祈りたいです(┰_┰)

 

もともと、フィルムになったのがトイカメラからで、
当時はトイカメと言えばアグフアでしたから、
一眼レフを始めたときも当然のようにアグフアを使いました。
ウルトラを使ったら、もうほかのフィルムの色ではピンときません。
ストックはありますがそろそろ劣化も見られ、
好きなフィルムが使えなくなった未来が想像できません…。
 
アグフアの工場はまだあるんですか。
何かの奇跡で、再稼動…ということが起こりますように!!

イギリスでもフィルムは入手困難ですか?現行品は少ないのかな?
それともお気に入りのフィルムが手に入らないのでしょうか。
日本では贅沢さえ言わなければまだ選択肢はあるほうなんですかね…

投稿: ABBY | 2013/07/17 10:52

おはようございます。
今日も朝から青空です。
ここ1週間ほど、待望の短い夏が来ています。
最高28度まで上がると、ぐったりしているようなやわな夏です。笑
日本の場合は、冗談抜きで命にかかわりますからね、大変ですよね。

アグファがお気に入りでらっしゃるんですよね。
隣町のリーズに大き目のアグファの工場があります。
あそこでは何を作っているのかなあ。
フィルムの入手もほぼオークションサイトでの期限切れのものになっています。
先行きが心もとないです。

では今日も楽しい一日を。

投稿: レンズ豆 | 2013/07/15 17:09

レンズ豆さん

こんにちは。
なんと同世代!嬉しいです^^*

 
コダックは落ち着きがあるというか、渋いというか
フジと比べると海外製に近い発色でしょうか。
赤の発色はやはり、アグフアフリークにとっては納得いきませんがw

イギリスも友人が住む片田舎は短い夏のようで
珍しく連日、晴れた写真をアップしていましたが、
レンズ豆さんの方はいかがですか?
今年の日本の猛暑はますます殺人的で、とうとう最高気温34度で
「暑さもひと段落」と言われるようになってしまいました^^;
なかなか写真も撮りに出られません。

投稿: ABBY | 2013/07/14 11:25

いつもながら、じんわりと染み入ってくるものがありました。
昭和45年生まれのわたしめも、そういう時代に育ってきました。

コダックのフィルムの特徴なんでしょうか、色がくっきりとしてますね。
ザクロの赤にもドキリとしました。

暑さにお気をつけて。


投稿: レンズ豆 | 2013/07/12 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vermillion(50):

« 紫陽花賛歌(32) | トップページ | 木漏れ陽の日(33) »