« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の投稿

2012/08/25

ありふれた情景5(22)

01

 

HOLGA 400のフィルムテスト。このフィルムの存在を知らなかった。

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

なぜかまったく、なくなるとは思っていなかったAPX400がいつの間にか手に入らなくなっていた。

この間のvista +についてもそうだけどアグフアフォトが復活した時点でかなり油断してしまったようで、

違うとはいえそこまでひどくはないだろう、とか、復活したものならそう簡単にはなくならないだろうとか、

それだけ復活したとこが嬉しかったとも言えるが、ずっとずっと思い込んでしまっていた。

おかげで手持ち最後のAPX400は、いともあっさり、何も考えずに先日使ってしまっていた。

ほかにも何本かあるだろうとすら思っていたが、確認すると間違いなくそれが最後の1本だった。

悔やんでも悔やみきれないが、唯一の救いはその400で撮った写真の評判が良かったこと…。

 

APX100ならなんとかまだ手に入るのでとりあえず確保。

何年も前に使ったことはあるのだが、モノクロはずっと400を使っていたので、

このHOLGA400とあわせてAPX100もテストしてみることにした。

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

07

 

いつもの如く、ネットでもほとんど情報が出てこないフィルムだが、

名前の通りトイカメラを意識して作られたというのに間違いはなさそう。

マットで湿り気のある、墨のような質感の写りだと思った(特にフィルター使用時)。

 

 

 

 

APX400の代用になるかと訊かれれば答えは否。

べったりした質感は嫌いではないので感度が欲しいときには使えるが…。

というよりも、このフィルムもいつまで入手できるのか甚だ疑問というのが現状でした。

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

アルバムはメインサイト路地裏の花たちにて。携帯サイトはこちら↓
Qr

| | トラックバック (0)

バイバイサマー(26)

19

 

美しきゴミ

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

午前中に出るも、いつもの如く容赦ない紫外線。

1、全身SPF50++の日焼け止めで肌出し(めんどくさいし日焼け止めでもかぶれる)

2、日焼け止めなしでキャミの上にUVカットのカーデ(歩くにはさすがに暑くて熱中症に)

3、顔以外は手と足の一部だけ軽く日焼け止めで巨大日傘(当然傘が邪魔)

 

20年ぐらい前に紫外線アレルギーが発覚して以来、ほとんど日中外出しなかったのと、

最近の紫外線の強さが尋常ではないことで、散歩写真をはじめてから真夏の外出は戦いです。

最初の頃は失敗ばかり、その上つい掻いたりしようものなら、腕全体と脛あたりなどは

湿疹の上に湿疹ができ、大きな湿疹は1年経っても消えないぐらい酷いことになっていました。

とにかく、出足が肝心なのです。出足でやられてしまうとちょっとの紫外線でも反応する気がする。

さすがに今年はそんな心構えもあり、いつになく頻繁に撮りに出ていたにもかかわらず、

8月も終わった現在で湿疹ゼロ!!自分的には驚異的に近いことでとても嬉しい。

対策としては、結局3の『日傘』が一番効果的だという結論に達しました。

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

さてこの日は、とりあえず電車で六本木へ。

今の家に移ってから、麻布十番を越えて行かなければならない西の方角は、

どの季節にどんなルートを使ってもどうしても山越え感が払拭できず、

気持ち的にもかなり腰が重い地域になってしまっている。まして紫外線である。

たまには楽をして電車スタートもいいではないか…。

 

ということで、珍しく家を出る前から決まっていた目的地、六本木7丁目あたりへ。

6丁目に住んでいたことがあるので、なんとなく馴染みのある地帯でもある。

 

04

 

ミッドタウンの駅出口前から外苑東通りを渡ったところの六本木通り裏通りに入り、

西公園から裏道の住宅地をぐるりと散策。

その後また公園から裏通り→六本木通りへと出て交差点を渡り、

ちょっと久し振りにcoco誠志堂ビルの裏からガスパのあたりをぶらぶら。

飲食店裏口のゴミ捨て場、前日のゴミのすえた臭いが妙に懐かしい。

 

何年か前から始まった六本木通りやガスパ裏の再開発がさらに進んでいて、

土地面積の1/3ぐらいは工事中ではないかと思えるような六本木。

なんとも殺伐とした雰囲気が漂っていた。

 

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

アルバムはメインサイト路地裏の花たちにて。携帯サイトはこちら↓
Qr

| | トラックバック (0)

2012/08/05

光芒の朝(24)

14

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

9時どころか、8時台でも朝陽なのにまるで西日のような陽射しなので、

久し振りに早朝歩こう歩こうと思っているのだが、6時には出ないとあまり意味がない。

そしてその時間に出るとすると遅くても4時半起きになる。

以前、早朝に歩いていた頃は眠れないから眠らずに夜明けから撮っていたのであって、

体調も、歩く支度も、寝る前と起きてすぐでは大違いなのである。

しかも仕事がある日は0時まで働いているわけだから、

いくら休みの日でも思うように8時9時に眠れるわけもない。

 

というわけで、何度も挫折を繰り返してやっと叶った早朝散歩なのだが、

6時過ぎから小一時間も歩かないうちに、日向はもう出られないほどの紫外線。

結局、そこから足を伸ばさずに、日陰日陰を選んで帰途についたのだった。

 

15

 

そしてSTのテストも兼ねていたのだが、暑さとフィルムチョイスとでまたしても微妙…。

もう少し涼しくなってからテストするしかないのか…。

それにしてもSTは重い。重さだけならF-1と大して変わらないと思うのだが、

大きさも若干あるのかもしれない。

確かにフォーカシングスクリーンはとても見やすいけれど、

色々考えるとAriaに返り咲きそうな予感がしないでもない…。

 

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

アルバムはメインサイト路地裏の花たちにて。携帯サイトはこちら↓
Qr

| | トラックバック (0)

2012/08/04

Nostalgia 317(32)

01

 

Olympus OM-1、Zuiko MC auto-s 1.8/50 テスト

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

実はこのカメラはだいぶ前に買って持っていたのだけれど、

レンズがなくて、でも探して買うほど使いたい気分でもなくて、

そのまま放置してかれこれ2年以上経っていたかもしれない。

なんとなく試してみると、以前は反応しなかったTTLメーターが動いたので、

ふとレンズを買ってみる気になり、とりあえず手ごろなものを購入。

 

STのテストさえ思うように進まない現状にも関わらず、

夕方ごろに思い立って出かけた極々近場でのテストでかなりの好感触…。

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

24

 

ただ、ネガの中に何枚か、写真の半分が真っ黒になってしまっているコマが。

検索してみると、どうやらOMではわりとよく起こる故障らしく、

シャッター速度を早くした時に、シャッター幕の後幕が速過ぎるか、

先幕が遅過ぎるかで、開いている時間がなくなってしまったということのよう。

簡単な修理で直るとのことでいつもの修理屋さんに頼もうと思うのですが、

この写りがなかなか悪くないな…とも思ってしまってちょっと悩む。

確かに、写っていなかったのはほとんど空の部分で、

せっかく撮ったくらいきれいだったんだからもったいないな…とは思うものの、

だったら撮る時に意識して1/1000を使わなければいいことで、

逆にわざと高速を使えば何枚に1枚かは面白い効果が得られるかも…なんて。

次回はその辺も意識してテストしてみようかな。

 

08

 

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

さて肝心のカメラについて。

ピントは若干狂っている気がします。

が、そもそもそれほどピントにこだわらないので許容範囲といえば許容範囲。

レンズはf1.8にしても立体感は物足りないですが、

この発色と描写はとても気に入りました。

あとから少し検索してみると、くすんで(ある意味必要以上に)

落ち着いた色味が特徴みたいで、いろいろ使い方がありそう。

 

07

 

 

 

もう一つ、とても良かったのが軽さとサイズ。

所有カメラではペンタックスのSPが近いんですが、一回り小さいのか、

わずかに軽すぎ、小さすぎに感じてしまって撮っていて面白くないんです。

その少しの差だと思うんですが、OM-1はとても撮りやすかった。

 

そうそう、この年代のカメラといえばモノクロですが、

中でもOM-1には期待しているので、こちらもテストしてみなくては…。

 

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 

オマケ

家族サービスw

 

17_2

 

 

 

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

アルバムはメインサイト路地裏の花たちにて。携帯サイトはこちら↓
Qr

| | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »